50代半ばで山登り始めました

50代半ば早起きが苦手なくせに山登りを始めて感動したことなど...

トレッキングの時にお気に入りの音楽を聴いたりしますか?

今日は、あまり山登りには関係ないかもしれませんが

みなさんはトレッキングの時にお気に入りの音楽を聴いたりしますか?

風の音や水の音など、自然の音を聞いてるから音楽なんて聴かない派でしょうか?

私たち二人も自然の音を楽しみながら歩いてるのですが...

 

ところで

みなさん世界的なウクレレ奏者 ジェイク・シマブクロ はご存知でしょうか?
ひと昔前の映画になりますが、「フラガール」の主題曲といえば
聴いたことがあるという方もあるのではないですか。

フラ・ガール

フラ・ガール

  • provided courtesy of iTunes

 

ウィキペディアには、
稲妻のような超速弾きと正確無比なテクニックを併せ持つ、ウクレレの達人であり、「ハワイのジミヘン」との異名を持つ
と紹介されています。

 

今まさに、そのジェイク・シマブクロがニューアルバム「グレイテスト・デイ」を提げて2018ジャパンツアーの真っ最中です。

一昨日10月17日は名古屋ダイヤモンドホールのライブに参加してきました。

底抜けに明るく元気をもらえるし、涙が出るほど感動のライブでした。

 

今回のジャパンツアーに先駆け、
8月中頃から、ニューアルバム『グレイテスト・デイ』を記念した
グレイテスト・デイ・キャンペーン」が開催されていました。
www.jakeshimabukuro.jp

どんなキャンペーンかというと、

あなたにとっての「グレイテスト・デイ」(最高な一日)とは?
ハッシュタグを付けて写真を【Instagram】に投稿しようというもので、
選ばれた写真やコメントでコラージュビデオを作成されます(ました。)

 

で、投稿してみたところ、なんとコラージュビデオに載ってしまいました! 

 

トレッキングの途中でも聴けば足取りも軽くなりそうな
軽快なタイトル曲「グレイテスト・デイ」をバックにしたコラージュビデオなので、
ぜひ見てみてください。
1分2秒からに出てくる2人が私たちです。

 

↓ 曲は、こちらで少しだけ試聴もできます。

グレイテスト・デイ

グレイテスト・デイ

  • provided courtesy of iTunes

 

ウクレレというと、ついついこってりのハワイアン
「あ〜ぁやんなっちゃった」の牧伸二を思い浮かべると思いますが、
ジェイクのウクレレは別物です。


オリジナル曲はもちろん、

ビートルズやクイーンなどの有名な曲も数多くカバーしていて
ウクレレで奏でられる名曲たちにとても癒やされてしまいますよ。

 

「Across The Universe」というアルバムがビートルズバーなのですが、

iTunesストアーでは扱っていないようなので、代わりに↓

このアルバムにもカバー曲がたっぷり入っています。


トレッキングのお供にもピッタリだと思うので、
ぜひぜひ聴いてみてくださいね!

 

お盆休み後半 立山登山へ行って来ました。【雷鳥沢キャンプ場〜室堂〜雄山頂上神社編】立山黒部アルペンルート

↓ この記事からの続きです。

climbingmid50.hatenablog.com

 

立山から帰ってきて1週間、ちょうど24時間テレビ

イモトと義足の少女が立山登山に挑む!が放送されるようです。

弥陀ヶ原から登るんですね、何時間もかかる長距離を歩き、

その後あの急なガレ場を登り切るとやっと立山頂上です。

険しい道なので体力持久力も必要ですが、

もうすぐ還暦の二人も、ショートカットのような室堂からですが、

ゆっくりゆっくり一歩ずつ登り

コースタイムよりずっと時間をかけたら登り切ることができました。

登山にかけては頼もしいイモトさんが一緒なのできっと大丈夫!

琴寧ちゃん、頑張って頂上を極めてください。

応援してます!

 

------------------------------------------------------

私たち二人の立山登山は ↓ こんな感じでした。

 

おはようございます!


6:30 起床

f:id:ClimbingMid50:20180825193854j:plain
毎度のことながら、目は覚めててもなかなか動き出せず、
すでにいくつかのテントが出発してなくなっている6:30ゴソゴソとやっと起床。

 

f:id:ClimbingMid50:20180825193953j:plain

今日の予定は、

雷鳥沢キャンプ場 → 室堂 → 雄山(頂上雄山神社でご祈祷)→ 室堂 → 雷鳥沢キャンプ場


室堂経由なのは、行きはお昼ご飯ぽいものを購入するためと、帰りは「玉殿の湧水」の補充となくてはならないビールを買わなくては!

 

まずはバックパックビームサーベル状態で付けてきたフランスパンで朝食です。
バスの荷物室で少し潰れていたのに、朝にはすっかり元通り!

軽くトーストして、ソーセージやチーズをのせたり、室堂で買った山椒味噌などで頂きます。

f:id:ClimbingMid50:20180825194103j:plain
パンはフランスパンにかぎるね!などと話しながらのんびり朝食をとっていると
次々とアタックザック姿の人々が通り過ぎていきます。

 

9:00 出発

朝食後、レインウェアとヘッドランプなど必須のものだけバックッパクに詰めて出発!
まずは室堂まで、昨日降りてきた道を登っていきます。

f:id:ClimbingMid50:20180825194251j:plain

オカンは手ぶらです!羨ましい


雷鳥沢キャンプ場の標高は2,280m、室堂は2,450m。
標高差は170mしかないんですが、なまりきった体での上りはすぐに息が上がってしまいます。(^_^;)

f:id:ClimbingMid50:20180825194353j:plain

 

f:id:ClimbingMid50:20180825194544j:plain

大日連山・地獄谷

立山黒部アルペンルート、雄山登山、地獄谷の風景 #立山 #雄山登山 #地獄谷 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

火山ガスであまり見えなかった大日連山や地獄谷を眺めながら
のんびり進みます。今日はほんといい天気!

 

戻ってきました室堂。

f:id:ClimbingMid50:20180825195615j:plain

標高の記念写真を撮ったり、観光気分をしっかり満喫しています。

売店でリポビタンを飲んで、お昼に食べようとお餅?磯辺焼きみたいなのを買って、
「玉殿の湧水」をペットボトルいっぱいにして...

 

11:00 室堂出発

f:id:ClimbingMid50:20180825195840j:plain

この時の予定では、

一ノ越まで1時間ちょっと、その先がキツイらしいからさらに2時間弱だとして、
14時に山頂へ着いて、ご祈祷〜
帰りは下りばかりだから、室堂まで2時間、

キャンプ場まで1時間ちょっとで5時過ぎに夕食だな〜なんて思っていました。(笑)

 

はじめは、観光地らしく整備された石畳のゆるやかな坂道をひたすら進みます。

道脇のチングルマの種やミヤマリンドウなど、かわいい〜ちょっと待って。と余裕!

f:id:ClimbingMid50:20180825200213j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180825200221j:plain f:id:ClimbingMid50:20180825200234j:plain

 

 

しばらく行くと「この先登山道」の案内がありました。

 

f:id:ClimbingMid50:20180825195949j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180825195958j:plain

でも、石畳の石の数が少なくなりましたが、しっかり整備された道でまだまだハイキングコースといった感じが続きます。

f:id:ClimbingMid50:20180825200712j:plain


少し登りが増えたかな?

 

f:id:ClimbingMid50:20180825201316j:plainf:id:ClimbingMid50:20180825200833j:plain

途中に雪渓が2か所残っていました。
これは一つ目の道のすぐ横まで来てる雪渓、
さらに先には十数メイートル雪渓が道をまたいでいたので、滑らないようにおっかなびっくり通りました。

 

f:id:ClimbingMid50:20180825200922j:plain

ちょっと遠くて分かりづらいですが...

 

人生初雷鳥遭遇!


道の脇でカメラを構えてたおじさん(案外僕より年下かもしれません(T.T))が雷鳥がいるよと教えてくれました。

 

f:id:ClimbingMid50:20180825201410j:plain

振り返ると遠くに雷鳥沢キャンプ場が見えます。

 

立山登山に行ってきました。雄山登山、一ノ越手前キャンプ場が遠くに見えます #立山 #雄山登山 #一ノ越 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

あまりの遠さに「ふつうクルマの距離だよな」などと言いながら、

f:id:ClimbingMid50:20180825201516j:plain

ひたすら歩き続けると...

 

12:30 一の越山荘 2,700m

 

f:id:ClimbingMid50:20180825201630j:plain

一の越山荘 2,700mへ到着!室堂との標高差250m、長い距離を少しずつ登ってきましたが、
もう目の前のように見える、目指す山頂は3,003m。


短い距離で一気に登る急坂のガレ場です。

 

f:id:ClimbingMid50:20180825201734j:plain

なんども来ているベテランそうな二人の話し声が聞こえてきます。

何気に聞き耳を立ててしまったんですが...、

一人は帰りで、もう一人のこれから登る人へアドバイスしているようでした。

「みんなが降りてくる左のコースが緩やかで楽そうに見えるけど、右の岩ばかりのコースを登る方が以外と楽なんだ」


ふむふむ、確かに!小さめの石や砂で滑りやすいより、岩をつかんでグイグイ登る方が登りやすいかも!

 

立山登山に行ってきました。雄山登山、一の越山荘に到着です #立山 #雄山登山 #一の越山荘 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

↑ 太陽の周りに少しだけハロ現象も見えますね〜 

 

モゴモゴのソイジョイ(涸沢のカロリーメイトで懲りたはずなのに)を無理やり食べたり、ミックスナッツを食べたりで

長めの休憩をとって、サァ頑張るぞ!

 

13:00 一の越出発!

 

この後はゆっくり写真を撮ってる余裕がなくなり、極端に枚数が減っています。(>_<;)

f:id:ClimbingMid50:20180825201951j:plain

ここからは特に決まったコースではなく、岩の間を足場を探しながら登っていきます。

もちろん右側の岩ばかりコースを選びました。(^_^ゞ

 

f:id:ClimbingMid50:20180825203739j:plain

ちょっと登ってはちょっと休憩、ちょっと登ってはちょっと休憩で

 

14:15 三の越

 

少し開けた祠があるところ、これが三の越かな
誰よりもゆっくり登ってるので(ゆっくりしか登っていけないので)1時間以上かかっています。

f:id:ClimbingMid50:20180825202117j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180825202202j:plain

ミクリガ池や雷鳥沢キャンプ場が小さく見えます。

 

少し登ると息切れがして、何度もなんども休憩しつつ登ります。

 

何時頃までご祈祷してくれるんだろう?と心配になりながら、

「追い越して行かれるけど、追い抜いて行くことないよね〜」とか
「後ろから来る人いなくなりそうだね」と言うほどゆっくり登ります。

 

ゆっくりでも、とにかく着けばいいんです!

 

15:00 山頂到着

 

f:id:ClimbingMid50:20180825202545j:plain

ガレ場を登り切ると一等三角点「立山」と立山頂上」の碑がありました。

 

立山頂上社務所で祈祷料二人で1,000円を納め、鳥居の前に並んで順番を待ちます。

念願のご祈祷です。間に合ってよかった!

 

f:id:ClimbingMid50:20180825203014j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180825203045j:plain

 

f:id:ClimbingMid50:20180825202851j:plain

雄山神社の神主さんが神々しく見えます。

 

ご祈祷に際して、立山信仰のお話などをしていただきました。

自分は信仰心が厚いなどととても言えるようなものではないですが、
立山は「神々が宿る山」とされ、富士山や白山と並ぶ「日本三霊山」として、山岳信仰の対象になっていた話や、

山上他界が存在するという信仰があり、亡くなった方は皆ここを通って極楽浄土へ行かれるという話。

先祖があり、親があり、自分がいて、長い歴史のつながりの中に生きていること、
皆さんの先祖もすぐこの上辺りから、皆さんがここまで登れる丈夫な体に育った姿を見てきっと喜んでいることだろうなどと話を聞くと
昨年亡くなった母親を思い出して涙がこぼれてしまいました。

 

f:id:ClimbingMid50:20180825203139j:plain

雄山頂上3,003m

鳥居をくぐり階段を上り詰めるた所、
立山頂上雄山神社のある所が本当の雄山頂上です。

f:id:ClimbingMid50:20180825210224j:plain

 

f:id:ClimbingMid50:20180825203216j:plain

↑ 左下に黒部ダムや、↓ 遠く富士山、槍、穂高も見えました。

f:id:ClimbingMid50:20180825203317j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180825210034j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180825210116j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180825210146j:plain


何枚か写真は撮ったんですが、
山頂に着いたらTHETAで360度写そうと思っていたこともすっかり忘れるくらい感動していました。
なので、360度写真は三角点です。

 

立山登山に行ってきました。雄山登山、一等三角点立山頂上です! #立山 #雄山登山 #立山頂上雄山神社 #ハロ現象 #一等三角点 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

一番最後かと思いましたが、ここで私たちを入れて4組でのご祈祷でした。

 

15:30頃に「次回が本日最後のご祈祷になります」と放送されていたので、
本当に間に合ってよかったです。

 

御朱印とお守りを一つ購入して、なごり惜しいけど下山です。
へなちょこなので人より時間かかりますからね!

 

15:50 下山開始

 

下りは気を緩めないよう特に注意して下りていきます。
小さな浮石や砂利のようになった足場がズルズル滑りやすく、慎重にゆっくり下ります。

日が傾きかけた景色もまた綺麗で見とれてしまいますね。

f:id:ClimbingMid50:20180825210507j:plain

チングルマが綺麗です。

 

17:50 雷鳥の親子に会いました!

 

雪渓が道を横切っているところまで戻ってきた時
ゆっくりのんびりな二人にご褒美のように雷鳥が親子で現れてくれました。

3〜5メート程度しか離れていないところでの遭遇です。

もう辺りには私たち二人以外誰もいません。

気温が下がり少し靄が出始めたこの時間が、雷鳥の食事時間だったのかもしれません。
5分ほどでしたが、ゆっくり雷鳥の姿を見られ幸運でした。

f:id:ClimbingMid50:20180825210616j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180825210637j:plain

 


立山で雷鳥の親子に会いました!

 

18:20 室堂

 

f:id:ClimbingMid50:20180825212836j:plain


出発する時の予定より2時間以上押しですが

「玉殿の湧水」の補充となくてはならないビールを購入して
雷鳥沢キャンプ場へ戻ります。

 

f:id:ClimbingMid50:20180825212703j:plain

いいだけ遅くなってるのに、まだのんびり花の写真など撮りながら...

 

19:00 雷鳥荘あたり

 

f:id:ClimbingMid50:20180825212802j:plain

雷鳥荘あたりまで戻ってきた頃には綺麗な夕焼けが終わろうとしていました。
ちゃんとヘッドランプ持っててよかった〜(^_^ゞ

 

昨年我が家が選んだヘッドランプは、ブラックダイアモンドのリボルト
これはまた山道具沼で書いてみます。

 

19:15 雷鳥沢キャンプ場着

 

お疲れ様でした。


朝9時に出発して夜19時まで10時間!

速い人なら半分の時間で戻ってきそうですが、
いいんです。

ちゃんとご祈祷もしてもらったし、遅かったおかげで雷鳥にも会えたし
とてもいい1日でした。

 

でもどっと疲れたので、夜ご飯も星空の写真もなく、

おやすみなさい...。

 

 


もう少しだけ、立山称名滝編へつづきます。

 

#立山 #室堂 #雄山 #立山頂上 #雷鳥沢キャンプ場 #立山頂上雄山神社 #雷鳥 #ライチョウ #24時間テレビ #イモト #ブラタモリ

 

お盆休み後半 立山登山へ行って来ました。【立山駅〜室堂〜雷鳥沢キャンプ場編】立山黒部アルペンルート

↓ この記事からの続きです。

climbingmid50.hatenablog.com

 

のんびり支度をして立山駅の切符売り場へ


11:15 乗車券購入

f:id:ClimbingMid50:20180824232147j:plain
立山駅 11:40発の立山ケーブルカー 114便
なんとか午前中最後の便に間に合いました。

 

f:id:ClimbingMid50:20180824232533j:plain
バックパックは肩から降ろして足元に置き、
7分間で美女平駅です。

f:id:ClimbingMid50:20180824232627j:plain

 

美女平駅でバスに乗り換え
バスでは大きいバックパックは荷物室へ預けることになります。

 

積み込む係がバックパック横にフランスパンが刺してあるのを見て
「これはパンだねぇ、ちょっとつぶれるかも」と言われました。
たしかに受け取る時ちょっとつぶれてましたね!(笑)

 

f:id:ClimbingMid50:20180824232738j:plain

バスは美女平から室堂まで通過していく見どころや立山黒部アルペンルート案内ビデオを流しながら登っていきます。


車窓に広がる素晴らしい景色を眺めていると1時間弱の乗車時間もあっという間です。
数ヶ所見どころでは停まるくらいゆっくり走ってくれるので、
乗車する際は、左側に座ると途中の「樹齢300年の立山杉」と「称名滝」を見ることができます。

f:id:ClimbingMid50:20180824232956j:plain f:id:ClimbingMid50:20180824233023j:plain

右側だと弥陀ヶ原が見られます。

 

12:40 室堂バスターミナル着

バスターミナルの建物に入ると同時に、「登山の方は登山届けを記入してください」の案内があり、
早く表へ出てWebやライブカメラで見ていた室堂の景色を眺めたい気持ちを抑えつつ、キッチリと登山届を書きます。

f:id:ClimbingMid50:20180824233107j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180824233617j:plain

ここは標高 2,450m

書いている間に少し気持ちも落ち着き、お昼も過ぎてることだし
とりあえず目の前の「立山そば」で腹ごしらえしました。

f:id:ClimbingMid50:20180824233205j:plain

立山そばの店↑ と ↓山菜そば

f:id:ClimbingMid50:20180824233231j:plain

山菜そばおいしかった。

 

13:20 いよいよ室堂

f:id:ClimbingMid50:20180824233417j:plain

曇りという天気予報を跳ね除けるように、よく晴れた青空をバックに
立山連峰が見渡せます。

立山黒部アルペンルート、雄山登山、室堂の風景 #立山 #雄山登山 #室堂 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

↑ ここのTHETAマークをクリックすると大きめで見渡せます

THETAの360度画像でグルグル見渡してみてください。
 

ブラタモリタモリさんも訪れた室堂平、標高2,450m

 

記念撮影のお兄さんに写真を撮ってもらい

f:id:ClimbingMid50:20180824235318j:plain

美味しい天然水の「玉殿の湧水」をプラティパス2つにいっぱいに入れて

f:id:ClimbingMid50:20180824235357j:plain

 

13:40 今夜のキャンプ地、

   雷鳥沢キャンプ場へ向けて出発です。

 

室堂 → ミクリガ池 → みくりが池温泉 → 地獄谷 → 雷鳥沢キャンプ場

 

石の階段を登ったり下りたりしながら進むのですが、全体的には少しずつ下りなので
「帰りに重いリックで登るのが大変そうだな」と話しながら進みます。

 

f:id:ClimbingMid50:20180824235525j:plain


しばらく行くとミクリガ池です。
この池は水蒸気爆発の火口なんだそうです。

 

14:00 ミクリガ池

f:id:ClimbingMid50:20180824235659j:plain

ミクリガ池から階段の石段を上りきるとみくりが池温泉

 

f:id:ClimbingMid50:20180824235731j:plain

日本最高標位にある雲表の温泉なんだそうです。
そういえば昨年ブラタモリタモリさんが足だけ入ってご満悦でした。(笑)

 

写真を撮りまくりながらなのでなかなか先へ進みません。

 

f:id:ClimbingMid50:20180824235810j:plain

次に見えてきた建物は「火山ガス情報ステーション」
風向きによっては、ここの水場でタオルを濡らし直接ガスを吸わないようにしないといけません。


この辺りは硫黄の匂いがかなりしました。

f:id:ClimbingMid50:20180824235919j:plain

火山ガスが出ています。

 

f:id:ClimbingMid50:20180824235959j:plain

■血の池

火口跡が池になったもので、酸化鉄が多く含まれているため赤い色に見えます。
昔、立山地獄の一つとして血の池地獄と呼ばれたんだそうです。

 

14:38 テント場が見えました。

f:id:ClimbingMid50:20180825000049j:plain

お盆休みですが後半の金曜日なので、この時間でも思ったほど混み合っていませんでした。

 

前回はハイキング状態だったので、
ほぼ1年ぶりの2,000m以上の世界をのんびり歩いてきたんですが、
日頃の運動不足ですぐに息も切れ切れになってしまいます。
それでも、ゴールのテント場が見えると、ちょっと元気が湧いてきますね!

 

15:00 雷鳥沢キャンプ場

f:id:ClimbingMid50:20180825000200j:plain
最後の坂を一気に下り雷鳥沢キャンプ場へ到着です。

 

f:id:ClimbingMid50:20180825000244j:plain

まだまだ空いているので、見晴らしのいい場所でテントを設営。

 

f:id:ClimbingMid50:20180825000305j:plain
雄山頂上もしっかり見えています。(↑右端のひときわ高いところに山頂の小屋が見えます)

 

f:id:ClimbingMid50:20180825000526j:plain

テントを設営したら、キャンプ受付。
雷鳥沢キャンプ場は、

テント泊1人あたり 1泊500円、2泊以上1,000円、

3泊でも4泊でも1,000円だそうです。

 

水は出しっぱなし状態で不自由することはありません。

f:id:ClimbingMid50:20180825001317j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180825000625j:plain

水は軽く塩素消毒してあるけど、煮沸してください。
と言っていますが、僕らはそのまま飲んじゃってますと

受付のワイルドな兄さんは言ってました。
大名古屋ビルヂィングの都会から来てるので、腹痛もまずかろう〜
室堂で「玉殿の湧水」をプラティパス2つ入れてるから当面大丈夫だけど
ここの水を飲むときは煮沸することにしました。

f:id:ClimbingMid50:20180825001535j:plain
トイレの協力金チップ100円は料金に含まれてるので毎回払う必要はありません。

 

16:00 ちょっと一服

f:id:ClimbingMid50:20180825001617j:plain

 テント設営・受付も終わり、ちょっと一服!至福のひと時

 

荷物をほどいて、マットを2重に広げたりまったり雄大な景色を満喫して...

 

17:40 晩ごはん

そろそろ晩ごはん。山の夜は早いのです

f:id:ClimbingMid50:20180825004813j:plain f:id:ClimbingMid50:20180825004840j:plain

メニューはどこかで見た写真とそっくり!

 ↓

climbingmid50.hatenablog.com

 

f:id:ClimbingMid50:20180825004949j:plain
涸沢へ行った時と同じカレーと白ご飯。

室堂で買っておいた「立山地ビール 星の空」

f:id:ClimbingMid50:20180825005028j:plain f:id:ClimbingMid50:20180825005114j:plain

暮れていく山並みを眺めながら食後のコーヒー。

立山雄山登山、暮れていく雷鳥沢キャンプ場! #立山 #雷鳥沢キャンプ場 #夕暮れ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

夜は満天の星が

立山雄山登山、雷鳥沢キャンプ場の満天の星! #立山 #雷鳥沢キャンプ場 #満天の星 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

おやすみなさい....

 

雷鳥沢キャンプ場〜室堂〜雄山頂上神社編へつづく...

climbingmid50.hatenablog.com

 

 

#立山 #室堂 #雄山 #立山黒部アルペンルート #雷鳥沢キャンプ場 #24時間テレビ #イモト #ブラタモリ

 

お盆休み後半 立山登山へ行って来ました。【自宅〜立山駅編】立山黒部アルペンルート

昨年ブラタモリタモリさんが訪れ、

今年の24時間テレビでは

「イモトと義足の少女が挑む立山3000m登山!」

が放送されますね

 

f:id:ClimbingMid50:20180823200019j:plain

その立山へ一週間早く行ってきました!

 

2018年8月17日(金)〜19日(日)遅めのお盆休みです。

仕事の都合や諸々で直前まで行けるのかどうかの状態でしたが...

なんとか行けそうだぞ!となったら居てもたってもですね。

 

とりあえずスマホアプリの「登山天気」で予定日の山頂付近の天気を確認してみると

まぁなんとか雨には降られずに済みそうだとわかりました。

↑ 麓の登山口辺りの天気だけではなく、2,000m付近の天気、3,000m付近の天気もわかるので便利です。しかも最初の30日は無料!

去年、上高地涸沢の時はこの30日間無料で利用させてもらい。

今年は、夏山へ行ける1か月だけ課金しています。(^_^ゞ

 

今回の立山登山の予定は2泊3日

1日目:自宅〜立山駅→ケーブルカー→高原バス〜室堂〜雷鳥沢キャンプ場泊

2日目:雷鳥沢キャンプ場〜室堂〜雄山(頂上雄山神社)〜室堂〜雷鳥沢キャンプ場泊

2日目:雷鳥沢キャンプ場〜室堂〜立山駅〜帰宅

 

いつものように時間を追って書いていきます。

 

前日の夜、今回の荷物の目玉はフランスパン

f:id:ClimbingMid50:20180823200145j:plain

ワクワクしますね!

 

8月17日(金)

6:15 出発
  名古屋の自宅を出発
  前日までの天気予報では小雨か曇りでしたが、

  起きてみたらよく晴れたいい天気です。
  国道22号(名岐バイパス)を北へ走ります。
  ふつう名古屋高速から一宮インターを経由して東海北陸自動車道なんですが、
  一宮インターから東海北陸自動車道へ接続する一宮ジャンクション間は

  渋滞の名所なんです。
  渋滞がなければ5分とかからない距離をこの朝は渋滞30分以上と出ていたので、
  うまく渋滞をパスして一宮木曽川インターから東海北陸自動車道へ入りました。

 

  途中、ひるがのSAで少し買い物とガソリンを補充して、さらに北上。


  順調に走っていたところ五箇山I.Cを過ぎた...

9:30頃
  突然メーターパネルに....

  f:id:ClimbingMid50:20180823200231j:plain

  ハイブリットシステムチェック
  PCSシステムチェック
  クルーズコントロールシステムチェック


  のメッセージがいくつかの警告灯と同時に点滅!
  モーターでの走行はできないようで、エンジンが掛かりっぱなしの状態です。

  クルーズコントロールも効かなくなり、前走車について走って行ってくれません。
  

  スピードを控えめにして...、

  表示された警告がどんな状態なのか助手席のオカンがネット検索!

  その結果、すぐに停まってしまうことはなさそうという情報がほとんどなので、
  とりあえず進んで行くことにしました。(^_^;)

  でも、まてよ!立山駅へ到着して、

  エンジンを止めたら再度起動するんだろうか?という不安が...

 

  高速を降りてしまう前にディーラーの担当へ電話しよう!ということで
  最後のパーキングエリア 流杉PAに入ります。

 

  立山へ来ていて2日間放置することになるなどの状況を説明したところ、
  ハイブリッドシステムが動かなくなってることで、

  PCSシステムやクルーズコントロールも動かなくなっている。

  現状エンジンでは走れているので、エンジンを止めてもまた動くには動くが、

  エンジンだけで走ることになる。

  気をつけて帰ってきてサービス工場へ来てくださいとのこと。

 

  とりあえず帰るまでは大丈夫そうなので、

  一安心で立山駅を目指します。

  f:id:ClimbingMid50:20180823200344j:plain

 

10:30 立山駅前到着

  立山駅は駅周辺に無料駐車場が数カ所。
  後半とはいえお盆休み、

  駅前と川沿いと3ヶ所を見て回りましたが、どこも満車でした。

  f:id:ClimbingMid50:20180823200553j:plain

  再び駅前へ戻ってくると、運良く駅前の駐車場で帰り支度のご夫婦を発見。
  駅最近に車を停めることができ、
  サァ着替えて出発です!

  f:id:ClimbingMid50:20180823200735j:plain

  左が駅に一番近い駐車場、

  右の木立の向こうにかすかに立山駅とさらにかすかにケーブルカー

 

立山駅〜室堂〜雷鳥沢キャンプ場編へつづく

climbingmid50.hatenablog.com

 

 

#立山 #室堂 #雄山 #立山黒部アルペンルート #雷鳥沢キャンプ場 #ハイブリットシステムチェック #PCSシステムチェック #クルーズコントロールシステムチェック #24時間テレビ #イモト #ブラタモリ

 

本日8/9【最安値】MSR 軽量 テント ハバハバNX ホワイト【日本正規品】Amazonで今年最安値!

本日、2018年8月9日。再び最安値でAmazon扱いの国内正規品が最安値で出ています!

前日まで63,000円以上だったので、お値打ちだと思います。

この機会にぜひ!

内容は以下↓と同じです。

 

 

※ 8月10日現在、通常の金額に戻っています。

 またお値打ちな時があったらお知らせしますので、読者登録とかしてくださいね!

 

 

おはようございます!

今朝、iPhoneの画面に「最安値更新」と表示されていたので、

これは急いでみなさんにお知らせしなければと

ブログ更新しています!

 

本日、2018年8月4日。

MSR Habba Habba NX 軽量 テント ハバハバNX ホワイト [2人用] 【日本正規品】 37750

Amazonで今年一番の

最安値で出ています。

 

購入をお考えの方、またとないめったにないチャンスなのでお見逃しなく!

 

 ではでは

 

#MSR #HabbaHabba #NX #テント #山岳テント #Amazon #お値打ち #最安値

名古屋から茶臼山登山の道中記

すっかりご無沙汰しています


みなさんの登山記録を羨ましく眺めて、ウズウズした日々を過ごしてきましたが、
今年の夏は 立山 へ行ってみたい!

と、漠然とした目標もあるので、ここらで一度、軽く登っておかないと

カラダはすっかり鈍りきってしまって不安材料いっぱいです。

 

思えば去年2017年9月の駒ヶ岳登山以来どこにも登っていないので、

まる10か月ぶりの登山(?)です。
足腰にもしっかり不安要素を抱えているので、大丈夫だろうかと恐る恐るの気持ちで行き先を決めます。

 

何と言っても久しぶりなので、標高差が少なく歩行距離が長くなく
でもこの猛暑なので1,000m以上で、家からお手軽に日帰りできるところ...
ということで芝桜が有名な愛知県最高峰の茶臼山へ行ってきました。

f:id:ClimbingMid50:20180729160842j:plain

茶臼山のホームページを見ると
だれでも登れるハイキングコースなので、久々のリハビリ登山にはちょうどいいかな?

f:id:ClimbingMid50:20180729160526j:plain


我が家から茶臼山方面へ行くには、
無意識に走ると高速道路と有料道路をハシゴすることになります。
まず市内を少し走って名古屋高速(770円)へ入り、
高針ジャンクションから名古屋第2環状道路(510円)→
そのまま東名高速(250円)に移り→
名古屋瀬戸道路(100円)を経て、
猿投グリーンロード(300円)を通って力石インターまでほぼ高速で一気に走ります。
その後国道153号線茶臼山目指してひたすら山の中を行くわけですが、
最初に名古屋を脱出するだけで高速部分が2,000円近くと思いのほか出費となるのが辛いところです。

 

そこで、わりと早朝(我が家としては)に出発するし、
昼間の市内のようには混んでいないだろうし、
経済的なことも考えて高速を使わず行ってみようということになりました。

 

名古屋の自宅を6時半に出発して、約2時間半9時くらいに駐車場へ到着の予定です。

 

実際に走ってみると、6時半過ぎ(普通の人は通勤時間かな?)の市内は、車の量は多いんですが、スイスイ進んでいきます。
まぁでも下道で名古屋市内を西から東へ横断すると、ちょうど1時間。
高速と違って信号がいくつもあるので、倍以上時間がかかりました。

 

名古屋市内を抜けてからは国道153号線をひたすら走ります。
この道は一車線の一本道なので、ただただ前の車について行くだけ、
怪談話のある伊勢神トンネルを抜け、道の駅どんぐりの里を通過し、1時間くらい走り茶臼山高原道路へ入ります。
8時半頃の茶臼山高原道路は、前を行く車もすれ違う車もなく、完全に貸切状態でした。
有名な芝桜のシーズンには「ここは逃げ道もなく何時間もの大渋滞になるらしいね」と話しているうちに
「ようこそ茶臼山高原へ」という発見!

f:id:ClimbingMid50:20180729173631j:plain

ほぼ予定通りの9時くらいに風力発電の風車がある第2駐車場へ車を停めました。
駐車場も我が家の車一台きり!完全に貸切です。

f:id:ClimbingMid50:20180729160949j:plain
この駐車場は、緑地広場というドックランのある芝生の丘の上に位置していて、
車を降りて丘を見渡した時には、山手のスキー場側に10頭ほどのヤギが見え、のどかな雰囲気です。


第2駐車場にあるトイレは故障なのか調整中なのか、シャッターが下りて使えないので
一度緑地広場を下り、リフト乗り場のあるレストハウスでトイレをお借りして...
9時半にハイキング開始!

 

f:id:ClimbingMid50:20180729161119j:plain

風車の横の「西側登山ルート」を進みます。
2018年の夏は全国的に40度近くの猛暑日が続き死者も出るほどで、
名古屋市内も屋外を吹く風は熱風!本当に命の危険を感じますが、
1,000m超の高原は風が気持ちよく感じます。

 

f:id:ClimbingMid50:20180729161241j:plain
登り始めると、こんな感じで完全にハイキングコースです。

「自由の丘」と名付けられたキレイな草原という感じの気持ちいい景色が広がっています。

愛知県最高峰 茶臼山の自由の丘です #茶臼山 #自由の丘 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


観光客で賑わってたら、しっかり登山装備で浮いていたことでしょう〜

足元だけ、涸沢へ行った時のトレッキングブーツではなく、ちょっと軽めのハイキングシューズにしました。

■本格的に登るときのブーツ

■今回は軽めのハイキングシューズ

これくらいのシューズがちょうどいい感じでした。

 

しばらく登って行くと、徐々に登山道らしくなってきました。

f:id:ClimbingMid50:20180729173800j:plain


すぐに見晴台に到着です。

f:id:ClimbingMid50:20180729173829j:plain


と言ってもそれほど視界が開けているわけではなく、通り過ぎてきた自由の丘の方が気持ち良かったかな。

f:id:ClimbingMid50:20180729173926j:plain

木の階段の道
苦手な木の階段の登り坂が続きます。


樹林帯という感じの中をどんどん進んでいくと、山頂100mの表示がありました。

f:id:ClimbingMid50:20180729174011j:plain

山頂100m
久しぶりだからリハビリのつもりでゆ〜っくりゆっくり登ったんですが、
ちょっと物足りないくらい簡単に頂上へ着いてしまいました。
ちょうど1時間くらいかな?

 

山頂です

f:id:ClimbingMid50:20180729174201j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180729174100j:plain

山頂の三角点

 

愛知県最高峰 茶臼山山頂 #茶臼山 #山頂 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

山頂の風景

 

愛知県最高峰 茶臼山 山頂展望台から #茶臼山 #山頂 #展望台 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

下山は別ルート

わりといつもは登り降りピストン状態の山行なんですが、
あまりにも早く登ってしまったので、わざわざ遠回りして降りてみようということになりました。
登ってきたのとは反対の道へ進んでいきます。

 

 

いつもiPhoneの「Giographica」という登山用GPSアプリを動かして登山しているので、

ジオグラフィカ | 登山用GPS

ジオグラフィカ | 登山用GPS

  • keiji matsumoto
  • ナビゲーション
  • 無料

今回もこのアプリの地図と案内標識で道を見つけながら下山です。

しばらく行くと、変な看板を発見!地面に置かれているだけなので「ホントにこの方向か?」と怪しい感じです。

f:id:ClimbingMid50:20180729211733j:plain
しかも「新種カエル館」って...(笑)

 

f:id:ClimbingMid50:20180729211826j:plain

1つ目の案内板...観光センター?雷岩?
長野県向きに行くのは違いそうなので、観光センターと雷岩向きに進みます。

 

f:id:ClimbingMid50:20180729211855j:plain

雷岩(この岩の裏側に道が続いています)

西側ルートで登ったので、東側の登山口へ出てしまうと、そこから西へどう戻るんだ?
なんてことになっても困るので、

雷岩の裏側に回り込むルートへ進みます。

 

f:id:ClimbingMid50:20180729212010j:plain

案内板
そして次の案内板
う〜ん、最初に写真に撮っておいた「茶臼山登山道図」が大雑把すぎて、目的の名称がさっぱりわからない(笑)

登り始めに景色が良かったところが「自由の広場」なので、「山頂」との3択で「野外活動ロッジ・森の広場」へ向かいます。

 

f:id:ClimbingMid50:20180729212332j:plain

雨乞い岩
2つに分かれた大きな岩です。

 

f:id:ClimbingMid50:20180729212421j:plain

夫婦椹
これが夫婦椹かな?

 

f:id:ClimbingMid50:20180729212457j:plain

案内板
4つ目の案内板...どっちだろう?
名前ではわからないので、GPSの方角で進むことにします。

 

f:id:ClimbingMid50:20180729212610j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180729212637j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180729212709j:plain

f:id:ClimbingMid50:20180729212730j:plain

こんな風景のところを抜け、休暇村の横へ降りてきました。
レストハウスでソフトクリームを食べ、茶臼山登山終了。

下山ルートの方が山らしくて良かったな〜という感想です。

 

とりあえず公開。

間違いは後で修正します。m(_ _)m

 

#日帰り #登山 #おすすめ! #名古屋から #茶臼山 #混雑 #ハイキング #お手軽

 

そんなわけでオススメのタープは、二人キャンプにピッタリサイズ MSR Rendezvous(ランデブー)120

朝晩だけじゃなく寒くなって来ましたね

今回は物欲のままに購入したタープ MSR Rendezvous(ランデブー)120 の試し張りへ行って来ました。

f:id:ClimbingMid50:20171125221321j:plain

いつもの桃太郎公園
いつ来ても無料なのに本当にいいところです。
今回3回目となる桃太郎公園は、これまでにないほどの人出でした。
それでもよくあるオートキャンプ場より広いので場所に困ることはありません。
素晴らしい!

www.nap-camp.com

 

■MSR Rendezvous(ランデブー)120は、
3.8×3.6m 7角形の変形

68D ポリエステルリップストップ

耐水圧 1,500mm ポリウレタンコーティング

超軽量 1,600g(本体/ポール/ガイコード/ステイク/スタッフバック込)

 

唯一無二のMSRらしく生地はスカイブルー。

キャンプ場などの ベージュ、茶、緑系が多い中でも見つけやすい。

 

これまで
我が家のタープは、↓ この記事に登場する

climbingmid50.hatenablog.com

20年もののSnowPeak Tarp Wing TP-100。と、

 

↓ この記事で HubbaHubbaを設営してるバックに登場する

climbingmid50.hatenablog.comもしかしたら登山に持っていけるかもと購入したmont-bell ミニタープ。

(実際にはまず持っていかないですね)

どちらもウイング型です。

 

snowpeak TP-100は、まだまだ使える感じだったんですが、
先日の川湯温泉キャンプでは、明け方の雨が浸透して漏れてくる状態でした。

シームテープも剥がれてしまったので、防水し直しとテープの貼り直し修理をしようと漠然と思いながら、防水・撥水材やシームテープをネットで物色していると

以前から気になってたMSR ランデブーが「えっ安いじゃん!」と思える金額になっているのを見つけてしまい、ついポチってしまいました。

おなじみのAmazonで購入です。
いつもAmazonでいかにお値打ちに購入しているかは、また別の記事で紹介します

 


ウイング型は有効面積が狭いなどと言われますが、その美しい張り姿の前には有効面積など些細なことです。
レクタングルや運動会の本部席みたいなタイプには全く興味がわきません。

そういうわけで、所有する2張りの中間サイズをと考えた時も、やはりウイング型しか頭になく7角形という変形ウイング型を選択しました。

 

ちなみに
SnowPeak Tarp Wing TP-100は 6.5×5.5m(対角)フロア面積 15㎡、設営には約10m×10m。
その昔、オートキャンプが流行った頃、2人の娘と4人で使うのにちょうど良いサイズでした。

mont-bell ミニタープは 3.35×2.7m(対角)フロア面積 約4㎡、設営には約7m×6m。
ソロなら十分ですが、この下に椅子を並べて...となると二人ではちょっと狭く感じます。

そこで
MSRランデブー120は、3.8×3.6m(対角?)フロア面積 11㎡、設営には約8m×8m と中間サイズ
7角形のフロア面は、テーブルと椅子を広げて2人が使用するのにちょうどいいサイズです。
7角形の各頂点+1の8ヶ所のガイポイントは、生地にテンションがかけやすく、
強い風が吹いても安定しています。

(snowpeak TP-100は強風下ではちょっと不安だったりしたので...)

 

そんなわけで!

タープなので、ここがすごくいいんでオススメです!

というようなずば抜けて紹介する点があるわけじゃないんですが

いくつかあげると...

 

●山岳メーカーらしく超軽量 1,600g(本体/ポール/ガイコード/ステイク/スタッフバック込)

●7角形と特殊な形状で円形に近いためフロア面積が広い

●8ヶ所のガイポイントでテンションがかけやすく強風下でも安心

●唯一無二のカラーリング

MSR と書いてある

そうそう、7ヶ所の各ポイントにはガイラインを収納できるポケットも付いています。

 

バッグごとに分けて取り出すとこんな感じ↓

蓋の裏には簡単な設営方法がプリントされています。

f:id:ClimbingMid50:20171125221247j:plain

↑ 左から、本体とスタッフバッグ、ポールとポールケース、ステイクとケース、ガイコード
 すべて左のスタッフバッグに入ります。

 

まだデイキャンプ程度の使用ですが、MSR ランデブーはオススメのタープです。